漢方講座―詳細画面

vol.9 夏の肌トラブル

接触性皮膚炎や湿疹、汗疹など夏の肌荒れは人によっては治るまでに1ヶ月以上かかります。
特に肌の弱い人(子どもや高齢者)やアトピーのある人はこの時期プールの水に含まれる塩素や、洗剤、シャンプーなどですぐに肌荒れを起してしまいがちです。
皮膚が赤くなる、かゆくなる、皮がむける、ぶつぶつができるなど様々な症状が起きます。
病院では、一般的にステロイド系の薬が処方されますが、ステロイドでは一時的に炎症を抑えることはできても皮膚の免疫力が低下してしまうため、症状が再発しやすくなります。

夏の肌トラブルには、症状を抑えつつ、体の中から体質改善をすることが肝心です。
『アクトマン』は、にきびや湿疹、アレルギーなどの炎症を抑え、体質改善を補助します。また、『ケイヨッグ』は皮膚荒れ、しみとりを促す効能があります。
赤ら顔、しみとり、消炎などの漢方もございますので、お肌でお悩みの方はお気軽にお越しください。