漢方講座―詳細画面

vol.8 糖尿病

糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンが不足するためにおきる代謝異常の疾患です。
ストレスや過食、肥満、運動不足などが原因で40代前後の男性に特に多いです。厚生労働省によると、糖尿病及びその予備軍は約1,620万人にもなるそうです。合併症を併発しやすいのは有名な話しで、「動脈硬化」「失明」「腎不全」の三大合併症は特に注意が必要です。
西洋医学では、「1、食事・運動療法」「2、内服薬」「3、インスリン注射」などがあります。
糖尿病患者の多くは、血糖値を下げることに注意がいきますが、肝心なのは内臓脂肪を減らしながら血糖値を低くすることです。
漢方では『六味丸』や『ホノミ』がおすすめです。
「父の日」に、父親が糖尿病の方は健康維持のためにも、ぜひ漢方をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?