漢方講座―詳細画面

Vol.22 夏負けトラブル

今年の夏は湿度が高い日が多く、汗をかくことで体のだるさや肩こり、頭痛や生理のトラブルなどに悩む方も多いのでは。
汗をかくことでエネルギーと潤いを失った体は、「だるい、疲れる」「のどが渇く」「食欲がない」などの症状がでます。
潤いを補うのは水分をたくさんとればすむという訳ではありません。水分をむやみに取りすぎるとむくみが出たり、心機能、腎機能の負担にもなります。
こんな時漢方では水分補給と合わせ、漢方ドリンクや熱中症予防の漢方をオススメしています。「生脈散」や「西洋人参」などは、疲れや体のだるさ、のどの渇きなどに効果的に体にエネルギーや潤いを与えてくれます。
夏負け、夏痩せ、睡眠不足は漢方で改善を。また肌のトラブルや女性疾患なども漢方でケアしましょう。

試飲やテスターなども使いながらお話をお伺いします(要予約)。