漢方講座―詳細画面

Vol.27 アトピー性皮膚炎

秋から冬にかけて、空気が乾燥してくると、皮膚表面の乾燥が進みます。これは、皮膚表面の水分量が低下し、汗をかきにくくなるのが原因。
 
ジクジクした傾向が強いアトピー性皮膚炎では、症状が落ち着いて楽になる場合がありますが、全体にカサカサして乾燥傾向が強いアトピー性皮膚炎の方や年配の方は、より乾燥が進み「白く粉を噴く」、「かゆみが強くなる」などの症状でお困りになる方が多くなります。
 
病院では一般的にステロイド系の薬が処方され、一時的に炎症を抑えることができますが、症状の再発や悪化する方も多くみられます。
 
アトピー性皮膚炎でお困りの方、きれいな肌になりたい方はぜひ、ご相談ください。体質を改善しながら、漢方でケアしましょう。かゆみも軽減できます。試飲やテスターで効果を実感していただきながら、お話をお伺いいたします。(要予約)