漢方講座―詳細画面

Vol.31 腎の機能低下

季節の変わり目となるこの時期、「腰や膝の関節が痛むようになった」「耳鳴りや難聴が出てきた」などの症状が出ている方が増えています。
原因は夏の疲れからくる「腎」の機能低下によるもの。
 
漢方でいう『腎』とは、腎臓だけでなく、生命活動に必要な臓器全般をさします。『腎』の機能が低下することで、血気エネルギーが低下し、顔のしわや関節が痛むなど、老化の原因にもなると言われています。
夏で疲れてしまった『腎』を整え、健康で若々しい体を取り戻しましょう。
 
足・腰・膝の痛みやしびれの緩和には「独活寄生丸」や「活絡健歩丸」「レディス美翔」を、難聴や耳鳴り、めまいなどの症状には「滋腎通耳湯」などをおすすめし、改善したと喜ばれております。
 
体質や症状をお伺いしながら、あなたに合った漢方薬を選びますので、ご来店の際はご予約をお願いいたします。